最先端企業が打ち出す戦略

最先端企業は、時代のニーズを先読みし、これが将来的に売れる、この分野が日本の根幹を担うといった意識を持った上で参入していくことになります。

創業して何十年もたつような会社も創業して間もない時は最先端企業として時代をリードするような事業を展開し、それを積み重ね今に至ります。決して古いことをやっているのではなく、新しいことが重なり、安定的になっただけでその事業のパイオニアであることは変わりありません。そして、さらに良くするにはどうすればいいかと考えるのが最先端企業の役割です。

全くゼロの状態から新しい分野にチャレンジするというよりも、今まで築き上げてきたものを見直して、このようなアプローチにすればお客さんにとってはよりよいものになるのではないかというものもまた大切なことです。

最先端企業の特徴としては技術力を磨きあげ、世界中の常識を変えてしまうような画期的な発明を目指すバイタリティが存在します。今ある日本の大企業も、その多くは小さな町工場から始めて、世界をあっと驚かすような商品を多く生み出して会社を多くしたというところが大半です。その際の原動力となったのは、どんな逆境でも負けないというバイタリティなのです。

日本の最先端企業が勝負していくには、技術力を磨くことだけではなく、日本国内、そして海外へのアピールをしっかりしていくことです。技術力が優れているという点では中小企業の多くはそのような状態です。しかし、オリジナルの商品を作り出すことまではいかず、下請け、孫請けといった大企業の動向に左右される状態となっています。

例えば、金型の成型技術がすばらしく、どんな形でも作れる工場に一風変わったものを依頼したが完璧に作ることができたというのも立派なアピール要素です。技術だけではなく、その技術力がいかにすごいかを世間に見せていくことも大事です。そうしていくことが大企業依存の状態を変え、不景気にも負けない企業へと成長させてくれるのです。

カテゴリー紹介

カテゴリーイメージ

最先端企業の戦略

最先端企業として、あまりに突飛なことをやったとしても一時的には注目を集めても長期的には続かないため、既存の商品、サービスをよりよくする、利用しやすくするようなものを提案していくことが大事になります。

もっと読む ⇒

カテゴリーイメージ

最先端企業の特徴・傾向

時代の最先端を行く企業が最先端企業と言われるため、昭和の時代にもそして平成の初期の時代にも最先端企業は存在していましたし、そうした企業は今も中堅企業、大企業として君臨しています。

もっと読む ⇒

カテゴリーイメージ

IT企業が最先端企業とされる理由とは

IT企業が最先端企業とされる理由は、これまでになかった業種だからです。日本は高度経済成長期にはモノ作りを基本とした機械産業で大きく発展をしてきたわけですが、このモノ作りにも…

もっと読む ⇒

カテゴリーイメージ

IT企業・最先端企業関連ニュース

かつてIT企業は最先端企業として、様々な技術をいち早く導入しつつよりユーザー本位の機器を提供してきました。しかし最近はかつてのような驚きをユーザーに与えるような製品が開発しにくい状況となっています。

もっと読む ⇒