最先端企業の戦略

最先端企業として、あまりに突飛なことをやったとしても一時的には注目を集めても長期的には続かないため、既存の商品、サービスをよりよくする、利用しやすくするようなものを提案していくことが大事になります。

今までは紙媒体だったものがスマートフォンの登場でその中で管理できるようになったというのも最先端企業の取り組みの1つですし、それ以外のサービスも多く登場しています。

結局のところ、今まであるものをさらに改良する、劇的に良くしていくことが求められるのであって、それは誰が使うのだろうというものではなかなか勝負できません。

例えば、昭和30年代、商品開発、サービスのテーマは生活をより便利にするというものでした。ご飯を炊くにしても、お母さんが火の前でいて、火の調節などをした上で炊いたり、他の作業も手作業で行われていました。それはあまりに負担が重いということで様々な商品が開発され、子供でも簡単にお米が炊ける状態にまでなりました。

戦略としては、生活をより便利にするというものから、面倒な作業をなくす、簡潔にするといったことが求められるようになり、それを追求することが大切です。

住民票をコンビニから簡単に入手する、いつであっても銀行振り込みをできるようにするといったことは簡単にできそうで意外と難しく、ハードルもたくさんあります。

そうしたものをどう乗り越えて、既存のシステムに負担のかからない形にしていくかを考え、それを提案していくことも最先端企業のやるべきことです。

最先端に立つ企業の独特な戦略とは?

日本には数多くの企業があるのですが、どの企業も独自の戦略を持っています。しかし、その戦略がうまくいっているとは限りません。それがお客さんのニーズに合っていないと、うまくいっていないということになります。最先端企業は独特の戦略を持っており、お客さんのニーズを常につかむことができているのです。

カテゴリー紹介

カテゴリーイメージ

最先端企業の戦略

最先端企業として、あまりに突飛なことをやったとしても一時的には注目を集めても長期的には続かないため、既存の商品、サービスをよりよくする、利用しやすくするようなものを提案していくことが大事になります。

もっと読む ⇒

カテゴリーイメージ

最先端企業の特徴・傾向

時代の最先端を行く企業が最先端企業と言われるため、昭和の時代にもそして平成の初期の時代にも最先端企業は存在していましたし、そうした企業は今も中堅企業、大企業として君臨しています。

もっと読む ⇒

カテゴリーイメージ

IT企業が最先端企業とされる理由とは

IT企業が最先端企業とされる理由は、これまでになかった業種だからです。日本は高度経済成長期にはモノ作りを基本とした機械産業で大きく発展をしてきたわけですが、このモノ作りにも…

もっと読む ⇒

カテゴリーイメージ

IT企業・最先端企業関連ニュース

かつてIT企業は最先端企業として、様々な技術をいち早く導入しつつよりユーザー本位の機器を提供してきました。しかし最近はかつてのような驚きをユーザーに与えるような製品が開発しにくい状況となっています。

もっと読む ⇒